リンダヘアカラーシャンプー

ヘアカラーをしたばかりはいいけど、
時間が経つにつれて 色が落ちてすぐに違った色になってしまう。。。

こんな経験は ヘアカラーをした事があれば多いですよねぇ。

髪を明るい色にしている場合は、ヘアダイ(色を抜く)をしてから、
好きな色を髪に入れていくんだけど、
どんどん髪に入れた色が落ちて 金髪に近い色になってしまう事も

こんなヘアカラーの色落ちの悩みを解決してくれるのが、
Lindaヘアカラーケアシャンプーです。

カラーリングしたばかりの時は好みの色なんだけど、、
色がすぐに抜けて テカテカの金髪になってしまうので、
使っています。

亜由美 金髪
このくらいのカラーだと ムラサキでOK!

リンダヘアカラーシャンプー 3種類の特徴
(公式サイトよりお借りしています。)

色は、ムラサキレッドブラウンの3種類で、
ヘアカラーの色によって チョイスします。

リンダヘアカラーシャンプー1

Lindaヘアカラーケアシャンプーの特徴は、
髪の表面に染料をコーティングして、髪の中にも浸透させる方法になっていて、
ヘアーの色を持続させることができます。

普通 ヘアカラーと言うと、コーティングか浸透のどちらかなので、
両方を兼ね備えているから、Lindaヘアカラーシャンプーは人気があるんでしょうねぇ

実際にお嬢が使っていて、
まったく 髪の色が変わらないって事はないです。

絶対に大丈夫なんてものがあったら、その方が怖い成分が入っているんじゃないかと、
心配になってしまいますよ。。。

でも、カラーの持ちは断然良くて、
ヘアカラーをするまでのスパンが長くなりましたねぇ

リンダヘアカラーシャンプー 出し口

配合成分:
水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、イソペンチルジオール、ラウロイルメチルアラニンNa、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、ホホバ種子油、シア脂、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-64、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、グリセリン、塩化Na、PEG-11メチルエーテル、ジメチコン、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、EDTA-4Na、フェノキシエタノール、香料、紫401

シャンプーとしても アミノ酸系になっていて、
ヒアルロン酸・コラーゲン・シルクペプチド・ホホバ種子油・シア脂が配合されていて、
保湿効果も高いから 髪をやさしくいたわりながらシャンプーができます。

頭皮に優しいから 抜け毛・薄毛・頭皮の弱い人でも バッチリ!!

フローラルの香りがほのかについているので、
カラーリングの“ツゥーン”とするようなニオイはまったくしないですよ。

リンダヘアカラーシャンプー 液

“えっ~” っと思うほど 濃い色でしょ~

こんなに色がついていても、肌にはまったく色がつかないのもいいところですねぇ。

泡立ちも 普通のシャンプーとまったく分からないので、使いやすいですよ

普通にシャンプーをして、5~10分くらい放置して泡パックをします

Lindaヘアカラーケアシャンプーは ヘアカラーとシャンプーが一緒になっているので、
シャンプー後はトリートメントかコンディショナーで 仕上げて下さいね。

使う頻度は、週に1~2回が目安なんだけど、
色落ちの激しい人や 効果の出にくい人は、使う回数を増やして調整してみてください。

お嬢は週に2回くらいみたいです。

ロングヘアーでも、シャンプーだけできしみもなくて 髪はサラサラ
使い心地もいいヘアカラーシャンプーですね。

1本 200ml入り 1,000円+税 別途送料になっています。


とってもリーズナブルでしょ~

ヘアカラーをしていて、色の抜けが気になっている方にオススメです





※在庫限りと言うところが多くて、終了した場合にはメーカーより購入となります。

>>H/B+ リンダヘアカラーケアシャンプー


※ リンダヘアカラーケアシャンプーを使って 泡立たないと言う方へ
レビュー⇒『リンダヘアカラーケアシャンプー』が泡立たない方への使い方情報☆

関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 カテゴリ
 タグ
None