健康を維持するのに、ビタミンは不可欠。

一応主婦の私は、家族の健康の事も考えて、野菜中心の食事にしたり、豆類をたくさん摂るようにしたりと、気にはしているけど、それでもまんべんなく摂取するのは難しい。。。

ビタミンには、水溶性・脂溶性と2種類あって、水溶性の方は多く摂取してもカラダから出ていってしまうから 溜め込む事ができなくて 毎日摂取するようにした方がいいんです。

逆に 脂溶性の方は、脂肪に溶けることのできるビタミンなんだけど、摂り過ぎるとカラダの中に残ってしまうから、カラダに異常が出たりするから 良い物とは言っても過度の摂取は禁物。

パプリカ

【脂溶性ビタミン】
・ビタミンA(レチノール)
酸化しやすくて、酸化をしてしまうと効果がなくなってしまうから、酸化防止ができるビタミンCやビタミンEと一緒に摂るのがベスト。
不足すると、視力低下や夜盲症と言った目の機能に関係する症状が出てきます。
摂取し過ぎると、嘔吐、頭痛、睡眠障害などの症状が現れます。

・ビタミンD(カルシフェロール)
カルシウムとリンが骨を作るのに必要なビタミンで、紫外線を浴びるとカラダの中で作られます。
小腸・腎臓でカルシウムが吸収される時にも必要。
不足すると骨粗しょう症の原因になってしまいます。
ただし、このようにカルシウムを吸収するチカラがあるため、摂り過ぎると抗カルシウム血症になってしまい、心臓や腎臓などにカルシウムの沈着が起こります。特に腎臓では腎不全になってしまう事もあるので注意が必要。

・ビタミンE(トコフェロール)
抗酸化作用がある栄養素で、ストレス・紫外線を浴びたなどの活性酵素の除去ができます。
逆に言うと、ビタミンE自体は酸化しやすいと言う事になるんです。
使われると、脂溶性でも 尿に溶けてカラダの中から排出する事ができるので、摂取過剰と言う心配は不要。

・ビタミンK(フィロキノン、メナキノン)
肝臓で 血液を固める物質(血液凝固因子)を作るのに必要なビタミンで、腸内細菌によって作られています。
腸内細菌がj抗生物質などの長期投与によって死んでしまうと、ビタミンKは食物からしか摂れなくなってしまいます。
不足すると血液が固まりにくくなってしまいます。
過剰摂取による害はありません。



【水溶性ビタミン】
・ビタミンB1(チアミン)
糖などを分解してエネルギーを作る時に必要で、酵素の働きを補助してくれます。

・ビタミンB2(リボフラビン)
酵素を補助してエネルギーにしてくれて、脂質の酸化を防ぐ作用があって、老化を防止します。
不足すると、口内炎・角膜炎などの症状が出る事もあります。

・ビタミンB6(ピリドキシン)
酵素の働きを助ける役割を持っていて、不足すると 不足すると貧血、皮膚炎になりやすくなります。

・ナイアシン
カラダにもっとも多く存在するビタミンで、糖質・脂質・たんぱく質の代謝の補酵素として働きます。また、アルコールの分解、血液内ののコレステロールや中性脂肪の減少作用、細胞の増殖や代謝の正常化などの作用があります。

・パントテン酸
コエンザイムAの原料となって、いろいろな酵素の働きを助ける働きがあります。
血糖値を上げてエネルギー産生します。アレルギー・ストレス・疲労回復に効果を発揮して、善玉コレステロールの増加、動脈硬化・心筋構梗塞の予防などの作用があります。

・葉酸
DNAやRNAの合成・分解、細胞分裂、アミノ酸・タンパク質の分解に関わっています。
不足すると 成長障害・貧血・消化器障害などが起こります。
この働きから、妊娠期および授乳期に通常より多く摂取すると良いです。
酸化によって壊れてしまうので、新鮮な生野菜や果物からの摂取が好ましいです。
(サプリも可)

・ビオチン
脂肪酸やアミノ酸の代謝を助けます。
不足による症状はないです。

・ビタミン12(コバラミン)
DNAやRNAの合成、脂肪の代謝などに関わっていて、不足すると貧血を起こしやすくなります。

・ビタミンC(アスコルビン酸)
抗酸化作用を持っていて、老化を防いでくれます。また、メラニンの色素沈着も防ぐ効果もあります。
不足すると貧血、出血、脱力感などの症状が出ます。



【1日の摂取目安】
・ビタミンA  男性600μg、女性540μg  摂取上限:1500μg
・ビタミンD(カルシフェロール) 2.5μg  摂取上限:50μg
・ビタミンE(トコフェロール) 男性10μg、女性8μg 摂取上限:600μg
・ビタミンK(フィロキノン、メナキノン) 男性65μg、女性55μg 摂取上限:30,000μg

・ビタミンB1(チアミン) 男性1.1mg、女性0.8mg 摂取上限:なし
・ビタミンB2(リボフラビン) 男性1.2mg、女性1.0mg 摂取上限:なし
・ビタミンB6(ピリドキシン) 男性1.6mg、女性1.2mg 摂取上限:100mg
・ナイアシン 男性16mg、女性13mg 摂取上限:30mg
・パントテン酸 53mg 摂取上限:なし
・葉酸 200μg 摂取上限:1000μg
 *妊娠期および授乳期は 300μg、妊活・妊娠の可能性のある方は 400μg
・ビオチン 30μg 摂取上限:なし
・ビタミン12(コバラミン) 2.4μg 摂取上限:なし 
・ビタミンC(アスコルビン酸) 2.4μg 摂取上限:なし


ビタミンはカラダに摂って大事な働きをしていますよねぇ。

食品で摂取するのがいいんだけど、なかなか難しい。。。

アメリカはサプリ大国で、食事で補えないビタミン・ミネラルの補助にしている人が多いんです。
でも、日本人は“やっぱり 食品がいいでしょ!!”って方が多いから、昔よりはサプリを活用する方も増えたけど、まだまだ少ないですよねぇ。

私は、エイジングケアをするようになって、いろんな事を自分でも勉強しながらレビューを書いているんだけど、最近は“オタク”のようにサプリなどを活用するようになりました

使ってみると、自分でカラダの変化を感じる事ができて、オススメしたい物もあります。

サプリ類の効果にもよるけど 値段もピンキリで、情報が多過ぎてチョイスするのが難しいと言うのもあるけど、それぞれの効果・値段も考えて、これからも活用していきたいと思ってます。

よろしかったら、参考にしてくださいネ


>> ビタミンサプリのレビューはこちら

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ にほんブログ村 美容ブログへ