仙寿の水 1個1

疲れにくい・疲れを取ってくれる、
スポーツ後の筋肉疲労回復
などで、
今、注目されている水素水

販売されている水素水の中でも、
水素含有率が1.6ppmと最高水準の水素水が 健康家族の仙寿の水

たっぷり時間を掛けて水素を溶け込ませているので、
大量生産ができないと言うほど、品質にこだわっている水素水なんですよ。

4層構造のアルミパウチ容器を使っていて、
水素を逃がさないようにしていると言うのも見逃せない点。

なんと言っても、水素は目に見えないから メーカーの工夫が命。

せっかく水素をたっぷり入れても、どんどんなくなってしまっては
水素水の意味がない。。。

仙寿の水 裏

水素って フタを開けて空気に触れると、2~3時間でどんどんなくなってしまう。。。

だから パウチを開けたら、保存すると言う事ができないんです。

飲み口ギリギリまで水素水を押して、
パックの中に空気が残らない状態にすれば多少は長持ちするみたいだけど、
1度開けると水素が減っていくので、 できれば早く飲んだ方がいいですよ。

時間が経てば、水に戻ってしまうので、
ずいぶん高い水になってしまいますから・・・

しかし、この“水”は ただの水じゃ~ないんです。

仙寿の水に使われているのは、ミネラルを含んだ霧島山水系の天然水

ミネラルの中でも 日本の水には、ほとんど含まれていないサルフェートを含んでいて、
カラダの余分な水分や老廃物を排出して、
新陳代謝を促す効果があるんです



水素水がなぜカラダに良いか・・・

仙寿の水

人間は息をしているだけで活性酵素が発生するんです。

さらには、ストレスを感じたり、疲れたりするとなおさら。。。

この活性酸素は、カラダを老化させる(錆びる)って言う 厄介な物で、
できれば減らしたい。

活性酸素を取り除いてくれるのが、抗酸化作用がある水素水なんです。

普段の生活で 疲れを感じた時に飲むと、回復が早くなったり、
毎日飲んでいると 疲れにくくなるんです。

水素は摂り過ぎても カラダの外に出ていってしまうので
摂り過ぎの心配もいらないので安心です。

特に最近 注目されているのは、スポーツ選手が飲用しているからかも。

スポーツをして筋肉を使うと 乳酸がカラダに溜まってくるんだけど、
この乳酸を除去してくれて、筋肉疲労を残さないんです。

ゴルフ・野球・サッカーなどの選手は、
シーズン中はかなりハードな生活で、練習・試合で筋肉疲労も溜まってくるから
水素水を飲んでいるんでしょうねぇ。


仙寿の水を飲んで・・・

仙寿の水 箱入り

1パック 250ml入りで、開けてすぐ全部飲むのも苦にならなかったですよ。

朝起きてすぐに飲んでも良し、
スポーツの後に飲んでも良し、
と言う事なので、私は朝毎日飲んでみました。

水としても美味しくて、
世界のシェフ・ソムリエが判定する
2014年 iTQiで、優秀味覚賞を受賞したほど。

夏になると、暑さのせい??気圧のせい??だか分からないけど、
よく片頭痛になるんだけど、飲んでいる時は頭が痛くならなかったんです。

と言っても、仙寿の水を飲み終えてから
“そう言えば・・・”って感じで気がついたんだけどね

カラダの中で何かが変わっていたのかも。。。

なんせ 水素は見えないし、
効果の疲れにくい。。。って言うのも、その人の感じ方なので、
実感としては 分かりにくいですよねぇ。

仙寿の水 1個アップ

そうそう、もう1つ ありました

ジムに通っていて、
ランニングマシーンで6キロの速さで1時間半歩いているんだけど、
足の疲労を感じなかったかも。。。

ジムに行くと、
気分スッキリ・カラダも爽快なんだけど 足は衰えているから
普段なら 翌日まで足が重たい感じになるんだけど、
大丈夫でしたねぇ。

これも水素効果だわ

と言った感じで 飲んでいると、何かしら変化を感じるかと思います。


初回お試しで 1箱10本入りで1,900円+税(税込 2,052円)送料無料

水素水1パックは 缶コーヒー1本+約60円。


安くはないです・・・。

でも、これは飲んでから 効果を実感して
飲んで良かったと感じられるんだと思いますねぇ。

疲れない・疲れにくくすると言うのは、
カラダだけじゃなくて モチベーションにもつながります。

スポーツをしている方、
元気に生活したい方、

今、注目の水素水をカラダに注入してみては

それから・・・
9月は敬老の日がありますよねぇ。
おじいちゃん・おばあちゃんへのプレゼントにも良いかも




関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ