日本人の食生活が欧米化して、食も豊富になり
うれしい面もあるんだけど、
良い事の陰には 気をつけなくてはいけない事も。。。

私が子供の頃は、コンビニもなければ、
ファーストフードも マクドナルドとケンタッキーくらい。

外食産業も こんなに豊富ではなかったですから。。。

手軽に食べられる物が増え、欧米化した事で、
高カロリーな食事が増え、食物繊維の摂取が減ってきています。

その結果、生活習慣病になる割合が増え、
中高年になると 特に“食”には気をつけたいところです。

とは言え、生活習慣も変化しているので、
食事での管理と言うのも なかなか難しくて、
私なんか、 すっかりサプリのお世話になっていますけどね

健康に関する事で、気になる物はいろいろあるけど、
今日は血液のお話をしたいと思っています。


以前にもお話しましたが、
うちのオカンは 18年前に脳梗塞を起こして 左半身マヒです。

現在73歳。

脳梗塞を起こしたのは まだ50代半ば。

この原因と言うのは、生まれつき心臓に穴が開いていて、
昔は 検査機関も少なく、穴が開いていると分かったのが
オカンが40代になってからでした。

そして、40代後半に心臓の穴をふさぐ手術をしたんだけど、
心臓は長年の過労で肥大化していて、
すでに 疲れ気味。

心臓はポンプのような役目で、カラダ中に血液を送っているのですが、
規則的に動く事ができない状態。

これが“不整脈”と言う物で、
不整脈になると、血栓(血液の塊)ができやすくなります。

オカンの場合、血栓のできなくなるような薬を飲んではいたのですが、
結果的には血栓ができ、
カラダの中で一番血管の細い脳で詰って 脳梗塞を起こしてしまったんです。

発症したのは 夏の始まりでしたねぇ。

脳梗塞・脳出血など、血液・血管の状態による病気は、
ガンに次いで 今でもワースト2位になっています。

“なってからでは遅い!!”
この事は自分自身 身に染みているので、
血液に関しては とても気にしています。


ここまでが前置き・・・・

前置きが長過ぎぃ~~ (;一_一)


脳梗塞・脳出血は血管がキュとなる寒い時期になりやすいんだけど、
血液の事で言うと、夏もキケンがあるんです。

と言うのは、血液に大きく関係するのが、
食生活に加えて “水”なんです。

“熱中症予防に水分はこまめに摂りましょう”ってよく言うけど、
血液に関しても大事なんです。

カラダの中の水分が減ると、血液もドロドロになってしまう。

夏になると血管は拡張されて、詰りにくい状態にはなるのですが、
血管の中に今まで溜まったコレステロールなどで
血管が部分的に細くなっていると、
そこで血液がつまり、脳梗塞・脳出血を起こしてしまう。

キケンは1年中あると言う訳です。

食事などで取る要素とは別に、
夏は血液のためにも 水分を取るように心掛けた方がいいんです。


血液がドロドロにならないようにする 一時的な解消は水ですが、
食事などでは 日頃から気をつけたいところです。


では、どんな成分が血液をドロドロにならないようにしてくれるかのお話を。。。

・DHA
身近なところでは アジ、サバ、イワシなどの青魚に多く含まれています。

赤血球や細胞膜・血管壁を柔らかくして、
血液がサラサラにしてくれます。

余分なコレステロールもカラダの外に排出してくれる効果があるので、
血中コレステロール・中性脂肪を抑えてくれます。

このDHAが発見されたのは、
エスキモーの人に 脳梗塞や脳出血が起きないと言う事からなんです。

エスキモーの人の食生活を調査し、
青魚を良く食べる事から分析して分かったんですって。

今では、コレステロールを下げる薬にも配合されているくらい
効果が立証されている成分なんです。 

青魚が苦手な方はサプリでもOK

DHAサプリメント「きなり」


毎日手軽に摂りたい魚のサラサラ成分。DHA・EPA・鮫肝油


*レビューは書いていないけど、私はこれ↑↑を飲んでます。
数値で結果がレビューできたらと思って。。。

みやび DHA-1

・EPA
アジ、サバ、イワシなどの青魚に多く含まれていて、
DHAとセットで配合されている成分です。

血液を固まりにくくして、血管をしなやかにしてくれます。

高脂血症を改善するので、肝機能のアップにも役立ち、
中性脂肪をカラダの外に排出してくれます。




・ナットウキナーゼ
その名の通り、納豆のネバネバ成分の事。

余分な血栓を溶かして、脳梗塞や心筋梗塞、エコノミー症候群などの
血管がつまるのを予防してくれます。

この成分は、効果もかなりの物で、
血液をサラサラにする薬(ワーファリンなど)を飲んでいると
絶対に納豆を食べてはいけないと言われるほどなんです。

小林製薬のナットウキナーゼ&DHA&EPAセット



・クエン酸・酢酸
梅干や食酢・レモンなどに多い含まれています。

赤血球をやわらかくして、血流を良くしてくれます。

・その他
ポリフェノール食物繊維ユーグレナ(ミドリムシ)も血液にはいいですねぇ。

ポリフェノールは活性酵素を除去する働きがあるので、
カラダ全体に有効的で、血液をキレイにすると言う意味でいいです。

食物繊維は腸内をキレイにして、コレステロールが溜まりにくくなるので、
効果的です。

ユーグレナはパラミロンと言う食物繊維の一種が、
余分な脂をカラダの外に排出してくれるので 血液もサラサラに。



若い頃なんか、好きな物を食べていて、
“これはカラダにいいから・・・”なんて思った事はなかったですよ。

半世紀ほど生きてくると あちこちにガタがきて、
孫の顔くらい見たいし、もう少し元気で長生きしたいなんて思うようになって、
健康の事を気にするようになってきました。

なんでもそうですが、“もう、遅い”なんてないと思います。

気をつけないより、気をつけた方が 絶対にカラダにはいいんですから。。。


美容もそうですが、10年後、20年後に笑顔でいられるように
健康でいたいと思ってます

ものすごい事は書いていないですが、
よろしかったら、この内容を 頭の片隅に置いておくだけで違うと思います。。。


※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡