私がサプリを飲むようになったのは
このブログを始めたのがきっかけです。

今の自分に合った 健康・美容にいいサプリを探して
飲むようになりました。

そんな中で
このサプリの事を もっと深く知りたくて調べてみました。

サプリメントの分類

サプリには ベース・サプリメント、ヘルス・サプリメント、
オプショナル・サプリメントと言った3種類に分類されます。

ベースサプリメントとは
ビタミン、ミネラル、アミノ酸などの
食事などから取る事ができる栄養素になります。
食事では取りきれない分を補給すると言ったサプリです。

ヘルスサプリメントとは
ローヤルゼリー、イソフラボン、青汁、黒酢などの
健康維持・増進を目的としたサプリで、
免疫力アップ・抗酸化力と言った効果を期待できるサプリの事です。

オプショナルサプリメントとは
ウコン・イチョウ葉エキスなどのハーブ・薬草系の成分で、
体調・や症状の緩和や改善を求めて作られたサプリです。
効果として医薬品に近い物もあって、
飲む量や薬との飲み合わせに注意が必要な物もあります。

サプリメントの選び方

サプリメントとひとくちに言っても、
食品と同じような扱いの物から薬品に近い物まで
いろいろな種類があるんですよねぇ。

サプリメントをうまく活用するとなると
カラダのしくみを良く知らないといけないのかも。。。

小学生の時に家庭科で
カラダに必要な栄養素は??・・・なんて言うのを覚えた記憶がありますが、
まさにこの事が知識として必要になってくるんでしょうねぇ。

例えば、
ニキビ・口内炎ができやすいとなると ビタミンが不足しているのでは??
髪にツヤがなくなったとなると ミネラルが不足しているのでは??

本来であれば 食事で十分に取れていればいいのでしょうが、
食生活の乱れ・偏りで不足しがちになってしまう事もあります。

こう言った時に 補助的に活用したいのが、
ベースサプリメントなんですね。

さらには、
最近 なんだか疲れ気味、
肌あれが続いている、
と言った体調などの変化がある時に活用したいのが
ヘルスサプリメントって事になりますね。

但し、サプリメントによっては配合成分と配合量が書かれていても、
その量が効果的なのかどうかと言う事も重要なので、
購入する際には チェックが必要だと思います。

最後に、オプショナルサプリメントですが、
これはカラダの状態を本当にしっかり把握してから
飲んだ方がいいと言う事になると思います。


最後に・・・

サプリメントは
健康補助食品などで薬品とは違うからと
なんでもかんでも 簡単に飲んではいけないと言う事が分かりましたね。

そして、調べていると、
サプリメントの種類によっては 効果について賛否両論あり、
医学的に見て効果があると言っている医師がいれば、
まったく効果なしと言っている医師もいます。
(コラーゲン・酵素など)

しかし、これらが市場でたくさん販売されていると言うのが事実で、
その効果が実際になければ 飲む人もいなくなっているはずでは・・・。

これが私の見解です。


そして、自分の実感としてですが、
私は数年前に 肩の関節にカルシウムの塊がある事が分かって、
いわゆる四十肩で 痛い思いをしているんですね。

現在も肩の可動範囲が狭くて、
ちょっと無理をすると肩が痛くなってしまうんです。

実際にコラーゲンを取っていると
肌だけでなく、肩が痛くなると言う事がなくなったと言うのがあり、
これもコラーゲンを取っているからだと思っています。

カラダの外側の傷であれば、“治った”など
効果を実感できるけど、カラダの中は見えないので
効果については難しいですよねぇ。

日本人にとって サプリ自体があまり浸透していなくて
飲んでいる人も少ないのですが、
サプリの先進国 アメリカでは
食事の補助としてサプリを活用している人は多いんです。


話の最後がしまらなくて ずるずるとしてしまいましたが・・・

サプリメントの公式サイトには、
そのサプリにどんな成分が入っているか
それがどうカラダに関係しているかなど 詳しく書かれています。

私はこれからも健康・美容のために
サプリを活用していこうと思っていますが、
飲むからには 内容をしっかり確認してから飲もうと
改めて思いました。

関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 タグ
None