ルックルックベリー

年代問わず、今の私たちの生活では
テレビ・ゲーム・スマホ・パソコンなどを使う事が多くて
見ている物と目との距離が一定で
目の周りの筋肉を使わない事が多いですよねぇ。

こんな状態が多いと、目の疲れを感じるようになります。

私なんか こうやってブログを書いているだけじゃなくて、
もともとパソコンが好きなので
目の周りの筋肉はコリコリ状態になってますよ

こんな目の状態が気になって飲んでいるのがサプリ
 
今回 飲んでみたのが ルックルックベリーです。

北欧産のビルベリーと 奇跡のフルーツと言われているアサイーが配合されて、
目の疲れ・かすみ目にいいアントシアニンが入ったサプリです。

北欧は白夜と言って 真っ暗になる夜がない時があって
この時にビルベリー自体が 紫外線から実を守ろうとして発生するのが
アントシアニンなんですね。

ビルベリーにアントシアニンが含まれているのは
どこで作っても同じなんだけど、
特に多く含まれているのが 北欧のビルベリーって事になるんですよ。

もう1つの成分アサイーは目の疲れと言うより
抗酸化力が強い事から 健康・美容にいいと言う事で有名では。。。

でも、アサイーにも たっぷりのアントシアニンが含まれて、
ブルーベリーの5倍以上なんですよ。

では、1日にどのくらいアントシアニンを取ったら有効かと言うと
1日の摂取目安は 約43~90mgだそうです。

ルックルックベリーに含まれているアントシアニンの量は
1粒に ビルベリーの分で100mgアサイーの分で100mgなので、
合計200mgもの量を取る事ができます。

ルックルックベリー袋の表記

さらにアントシアニンと一緒に摂取すると カラダへの吸収が良くなる
カシス・ルテインも含まれているからいいんです

ビルベリーとアサイーに含まれる詳しい成分についてはこちら


ルックルックベリーの飲み方・・・

ルックルックベリー 粒

1日2粒が目安となっているけど、
より効果を早く実感したい人は 1日5粒から始めるといいんですって。

私もその通り 最初の5日間は5粒を飲んでみました。

アントシアニンを調べてみたら
水溶性なので1回にたくさん飲んでも
カラダに貯めておく事ができないって事だから、
1度に飲まないで数回に分けて飲むのがおすすめ。

サプリケースに入れておいた方が
気がついた時に飲めていいと思いますよ


ルックルックベリーを飲んで・・・

口コミをみても効果の出方は 人によってかなり幅があって、
2週間でかすみ目が改善されてきたと言う人もいれば
3ヶ月で・・・と言う人もいましたねぇ。

これって同じ量を飲んでも、
その飲み方にもよるのかなぁって思います。

私はと言うと・・・

飲んでみて良かったですよ~

目のショボショボした感じがなくなって、
かすみ目が改善されているようでした。

今 スキンケアの本を読んでいるんですが、
見ていても 文字が見やすかったです。

目の疲れにいいアントシアニン入りのサプリは
このルックルックベリーで3種類めになるんだけど、
アントシアニンの量が一番多くて 実感しやすいかも

さらに効果を得たいなら、お風呂に入っている時に
湯船に浸かりながら 軽く絞ったタオルを目の上におくのもいいですよ

ちょっとしたアイマスクの変わりですが、
目がスッキリします。

サプリは薬じゃないから 効果は絶対とは言えないけど、
目の疲れからくる肩こりとか
生活に関わってくる事も多いので 改善したいですよねぇ。

私が目の疲れにいいサプリを飲んでいるのは こんな点からですし。。。

ルックルックベリー1101-1

1袋が約1ヶ月分で62粒入りで 1,728円(税込)+送料300円

現在キャンペーン中で、
定期購入にすると、通常3,456円(税込)送料無料が、
初回限定で 2ヶ月に2袋お届けで 2,000円(税込)送料無料。(1袋1,000円)
2回目以降は、2袋3,283円(税込)送料無料になります。
おまけにプレゼントで、水晶ブレスレットとサプリケース付き。

定期購入は、かなりお得なキャンペーンになっています

ビルベリー・ブルーベリーなどの
目の疲労にいいサプリはいろいろあるけど、
購入するなら 有効成分がしっかりと入ったサプリにしましょうね

では 1日に有効な摂取量をもう1度。

1日の摂取目安は 約43~90mgルックルックベリーは 1日2粒で400mg

ここがポイントなので、
サプリを飲んでみたいと言う方は
目安として覚えておいた方がいいですよ~

ルックルックベリーは アントシアニンの含有量がとても多いので
いいサプリと言えますね




詳しくはこちらです
>>ルックルックベリー

ルックルックベリー


関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ