最近、シャンプーで多くなっているのがノンシリコンシャンプー。
“なぜ急に??”って思いませんか?


バレンタイン・ハロウィン・恵方巻き・・・
みんな企業が大きくコマーシャルした事で、広まってきたもので、本来は一般的な行事ではなかったものですよね。


ノンシリコンシャンプーもそのひとつで、1つの企業がノンシリコンシャンプーを作り、これが売れれば他の企業がまた作る。。。
こんな法則で、広まってきている物のひとつに思えます。



ノンシリコンと言うだけで、何だか良さそうだから・・・
ノンシリコンはいいって言ってるから・・・
と言う感じの認識ではありませんか?

シリコンが髪をコーティングしてイケない事は、実際にはひとつもないのです。
シリコンがアレルギー源になる訳でも、カラダに悪影響がある訳でもありません。

反対にシリコンが髪をコーティングして、髪を摩擦や外部から受けるダメージから守ってくれているのです

さらには、傷んだ髪のキューティクルを補修してくれる役目もあるのです。

しかし、シリコン入りのシャンプーにもデメリットはあり、すすぎ残しによる毛穴のつまりです。

毛穴がつまると髪がやせてしまったり、抜け毛・うねり毛などの原因になってしまいます。

シリコン入りシャンプーを使った場合は、特にすすぎ残しがないようにしましょう。


私が子供の頃のシャンプーは、髪を洗うとかなりきしんだ記憶があります。

そのきしみをなくすために、シリコンが使われるようになったのです。

ここで大事なのは、ノンシリコンと言いながら、きしみをなくすために何をコーティング剤として使っているかと言う事なのです。

まったくコーティング剤の入っていないシャンプーは、とてもじゃないけど髪がきしんで使えません。


ノンシリコンシャンプーでどんなシャンプーが良いのか・・・

アミノ酸シャンプーで、シリコンに変わる天然素材をコーティング剤に使っているシャンプーは、良いシャンプーと言えます。

天然素材とは、キトサン・オイルなのですが、キトサンはとても高級で値段が高くて一般的ではないので、オイルの配合されたものが良いでしょう。

ホホバオイル・馬油・アルガンオイルなどが使われているシャンプーは地肌をいたわり、髪もコーティングしてくれるのでおすすめです。

しかしながら、このオイルを配合したシャンプーでも、ロングヘアーの方やかなりダメージを受けたヘアーの方は、シャンプー後に毛先だけでもコンディショナーやトリートメントを使った方がいいです。

今以上に髪にダメージを与えてしまわないようにする必要があります。

また、オイル入りのノンシリコンシャンプーにもデメリットはあって、オイルにはコーティング効果はありますが、補修の効果はありません。

この補修効果のない部分を 植物エキスで補ってくれるシャンプーがあるのですが、このようなシャンプーは地肌をいたわり、髪にも優しいのでより良いシャンプーと言えます。


このように、シリコン入り・ノンシリコンともにメリット・デメリットはあります。

しっかり配合成分を確認し、髪・地肌に良いシャンプーを選ぶようにしましょう。

関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ