酵素とは食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環など
体のあらゆる働きに関わっています。

酵素が不足すると、消化不良、やる気が起きない、肌の調子が悪いなど
カラダにいろいろな変化が起こってしまうんです。


通常の食事で栄養を取っていても カラダの中に酵素がないと、
この栄養をエネルギーに変える事ができない。。。

酵素はカラダにとってとても重要な働きをしていて、
なくてはなららいものですねぇ。


カラダに関係する酵素は3種類で、「消化酵素」、「代謝酵素」、「食物酵素」。


それぞれがカラダにとって大切な働きをしていて、
どれが不足しても体調に変化を及ぼす事になります。


消化酵素

消化酵素は 食べたものをカラダが吸収しやすいように消化を促す事ができます。

ご飯・パンなどに含まれるデンプンを分解するのはアミラーゼ、
肉・魚などのたんぱく質の分解はプロテアーゼ、
脂肪の分解には リパーゼという3つの酵素が働いています。

酵素によって分解された栄養は小腸で吸収され、
カラダのためのエネルギーとなるのです。

消化酵素を使いすぎると消化酵素が減っていくのではなく、
代わりに代謝酵素が不足してしまうのです。

食べ過ぎたり、消化の悪い食物ばかり食べていると、
消化酵素が大量に消費されて代謝酵素が減り、
肌の調子や胃腸の調子が悪くなったりします。

その現れとして、風邪をひくとカラダの中で起きている病気と闘うために
代謝酵素がたくさん使われる事になり、
その分消化酵素が減るため風邪をひくと食欲が落ちてきます。

この消化酵素と代謝酵素は相互に関係しており、
カラダにとっても重要な酵素と言う事になります。


代謝酵素

代謝酵素とは、吸収した糖や脂肪をエネルギーに換えたり、
体に蓄積された脂肪をエネルギーに換えてくれます。
つまり、ダイエットにも有効な働きをしてくれると言う事です。


運動、呼吸、脳での思考、老廃物の排出、ウィルスを攻撃、
肌の新陳代謝など、人間の生命活動に必要な大切な働きを持っています。

食物酵素

健康のために カラダの中の消化酵素をより節約して代謝酵素の量を増やし、
代謝酵素の働きをサポートする栄養素が必要となります。

このふたつの酵素のサポートするのが食物酵素です。

生野菜や果物・お刺身、納豆や味噌などの発酵食品に含まれる食物酵素は、
消化を助けて カラダの中の消化酵素を使い過ぎないようにしてくれます。

消化酵素の減少が少なくなると 代謝酵素に余裕ができて、
新陳代謝が良くなり、病気の予防、体調維持につながります。

その結果として、肌の調子が良くなったり、胃腸の調子が良くなると言う訳です。


健康維持・美容のためにも 酵素と上手に付き合うようにしましょう。



いつも訪問していただき、ありがとうございます。
お役に立ちましたら、ぽちっとしていただけると嬉しいです(*^。^*)

にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ 





関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
 カテゴリ
 タグ
None