最近肌の乾燥が激しくて、目の下はシワっぽいし何とかしなくては思っていたんですね。

と言うのも、東北の震災があって以来、去年までリビングは電気を使わずに暖が取れる昔ながらのストーブだったのを、灯油高騰で燃焼加減が調整できるファンヒーターにしたのが原因・・・と思われる(・∀・i)タラー

ストーブの上にはやかんを置いていたから蒸気で部屋が乾燥していなかったのが、一気に乾燥状態の部屋になってしまいました。

そこで、去年の秋に出合ってからすごく気に入っている美容液 白酵プラセンタ原液を使って 蒸しタオルパックができるのを思い出してやってみたらビックリ!

白酵プラセンタ原液 201801-2

毛穴が開いて浸透が良くなるから、たった1回の蒸しタオルパックで、目の下のたるみやまぶたのハリまで違ってきたから、またまた私のつぶらな目元ではあるけど写真つきでご紹介したいと思います。

毎日同じようにスキンケアをしていても、肌の乾燥具合は違うし、肌の疲れ方も違います。

ダルダル肌の緊急対策にも白酵プラセンタ原液が使える・・・いや、毎日使っていたいと思ったほど、肌のたるみ・シワに効果的

>>白酵プラセンタ原液の公式サイトはこちら

白酵プラセンタ原液の使い方&テクスチャー

白酵プラセンタ原液 スポイト部分

白酵プラセンタ原液は、朝晩使用で1回量は1円玉大を、洗顔後何もつけていない肌に使います。

その後、化粧水・クリームor乳液or美容オイルを使ってきます。

白酵プラセンタ原液 美容液

顔全体に伸ばして、軽くハンドプレスをして肌にグッと浸透させます。

口元・目尻など気になる部分は 1滴くらい出して重ねづけすると良いですね。

とろみのある美容液でも肌の載せて浸透すると、肌はさらっとしてきます。


白酵プラセンタ原液で蒸しタオルパックをやってみた

白酵プラセンタ原液 蒸しタオル中

蒸しタオルパックと言ってもすごく簡単で、やり方を説明するほどでもないんだけど、一応説明を。

洗顔後何もつけていない肌に、白酵プラセンタ原液を1円玉大(通常量)塗ってから、電子レンジで作った蒸しタオルを顔にのせます。

このままの状態で2分くらい顔を蒸して毛穴を開かせて、白酵プラセンタ原液をより浸透良くしておきます。

本来なら蒸しタオルを顔に使う時は 温かい状態をキープするために肌に当てている部分のタオルを変えるんだけど、白酵プラセンタ原液がタオルにもついているからタオルはそのままでOK!

白酵プラセンタ原液 蒸しタオルパック

魔法のようにまったくたるみがなくなったと言うほどではないけど、目の下のたるみでできたシワや、たるみから肌がぷっくりしていたのがスッキリしたんですね。

さらに、まぶたの上の肌のハリまで違ってる

朝メイクをする時に鏡を見たら目の下がダルダル・・・なんて事はありませんか?!

ファンデを塗れば塗るだけ、シワがよけいに目立ってしまうから、朝から気分まで浮かない。。。

そんな時に、たった2分の蒸しタオルパックならできますよね。

写真は分かりやすいように目の下だけにしたけど、肌全体がふっくらしてくるから、メイクのノリまで違ってきます

白酵プラセンタ原液 15ml(約15日分)
通常価格 3,600円+税

今なら初回お試しキャンペーン中で、
初回限定 58%OFF 1,500円+税 送料無料

肌のたるみ・シワが気になる年齢肌に効果的で、とても使いやすいお値段になっているのも魅力ですね





>>白酵プラセンタ原液の詳細・購入はこちら




関連記事
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ