ちょっと前に赤い口紅が流行っていてお嬢は使っていたけど、50代にもなるオカンはさすがにつけられないから、自分に似合う色を選びたいと思っています。

同じレッドでも青みがかっていたり、黄色みがかっていたりで、まったくニュアンスが違います。

そこで、オカンでも美肌映えするくすみレッドの口紅に挑戦してみました!

3,000円代・4,000円代・・・いや、もっとお高いブランド物の口紅は確かに発色が良かったり色持ちが良いと言うのはあるけど、“これなら私でもイケる”と思って覗いてみたのが、プチプラのメイク・スキンケアの老舗 ちふれの549番。

そうしたら、私の思っていた色とドンピシャの色があったので、今日はご紹介したいと思います。

ちふれ 口紅 549-3

若い頃はショッキングピンク・紫や、ナチュラルを通り越した元の唇の色を消すようなベージュを使った事もありました。

でも、肌の色が若い頃とは違うし、もう絶対に使えない

本当にナチュラルなベージュでさえ顔がぼけてしまうから、顔色の良く見えるローズ系の口紅を選ぶ事が多くなっています。

こんなに濃い口紅を選ぶのはかなり久しぶりなんだけど、つけてみたら顔色が良く見えて、そこそこの顔でも案外イケてます

ちふれ 口紅

ちふれの口紅の中でもリップケースが別売りになっているタイプで、リップケースが100円、口紅が300円の激安なんですね。

ケースがなくても、口紅にキャップがあるからそのままでも使えるけど、持ち歩いていてメイクポーチの中でフタが外れてしまうと ポーチの中が大変な事になってしまいそうだから、100円は惜します購入しました。

ちふれ 口紅 白ケース

リップケースは確かに安っぽいけど、そこは我慢。。。
あとでシールやマニキュアでデコるかな。

リップケースの色は淡い黄色と白の2種類で、シールはノリも残らずに簡単に剥がせるから、使う時には剥がしました。

ちふれ 口紅 549-2

こんなに安価なのにヒアルロン酸まで配合されていて保湿力もあるし、発色がいい!

実はこんなに発色が良いと言うのは期待していなかったから、安かろう悪かろうじゃないのに驚いちゃったほど

おまけに パールがかった感じが私は好きです。

ちふれ 口紅 549 塗って
(ちふれ 口紅 549番)

で、つけたのがこの写真。

口紅はつけた人の唇の色によって多少の色の出方が違うけど、かなり濃い色の口紅だから ほぼ誰がつけても同じような色味になると思います。

美的9月号 美肌映えする口紅

参考にしたのは 雑誌“美的 9月号”で、ニュアンスが近いから決めました。

くすんだレッドと言っても赤は赤だから、この口紅を塗ると顔が華やかな感じになります。

大人女子にはちょうど良い色かなぁ~と思っています。

ちふれ 口紅 549-4

リップケースとセットで400円。

あり得ないくらい安価で、ほかの色も物色中。

よろしかったら 口紅の色選びの参考にしてみてくださいネ

購入はお近くのドラッグストアで


もし、お近くのドラッグストアになかったらと思って 楽天市場のドラッグショップやAmazonでこの色を確認したら、548番とか近い色は販売していたけど、549番は在庫切れor置いていないみたいでした

もしかしたら今後あるかも知れないので、マツキヨ 楽天市場もチェックしてみてください。
↓↓


※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡

 カテゴリ
 タグ