毛穴 特に小鼻の毛穴の黒ずみが気になったら
どうしたら良いのか 根本的な原因と解消法をご紹介したいと思います。

まず、
“何をすればキレイになるの~” と思っている方も多いのでは・・・。


毛穴の黒ずみ いちご

“イチゴ鼻” なんて言われるけど、
イチゴのようにかわいい訳じゃないですよね

黒くなっているだけじゃなくて、
凹んでいるから メイクをしても隠しきれなかったり、
皮脂分泌も多いような気がしませんか?!


毛穴の黒ずみと一緒に 毛穴が開いているのが現状。

と言う事で、
まずは 毛穴の黒ずみの原因から考えてみました。


毛穴の黒ずみの原因

メイクやよけいな皮脂が肌に残って、
酸化して 黒くなってしまっているのが原因です。

毛穴の大きさは 人それぞれで、
小さくしたいと思ってもできないんです。。。

小さくできないのであれば、
せめて 毛穴のクリアにして 引き締めるしかないから、
毛穴の黒ずみが解消されないって言うのもありますね。

実際に、
私の娘は小鼻の毛穴は小さめで、私は大きめ

親子で遺伝はしないみたい。。。


毛穴の黒ずみ解消法


使っている洗顔石けんで 汚れをしっかり落とせていますか?

使っているクレンジングで メイクをしっかり落ちていますか?

クレンジングは大丈夫でも、
クレンジングのやり方が間違っていませんか?


①洗顔・クレンジングを見直す

洗顔もクレンジングも、
毛穴を見るスコープでもあれば確認できるけど、
毛穴がキレイになったか確認できないから、
なかなか毛穴の黒ずみを解消できないんですよね。

特に 毛穴の黒ずみだけじゃなくても、
メイクの残りは肌トラブルの原因になっている事が多いです。

アテニア スキンクリア クレンズ クレンジング中1
(参考: アテニア スキンクリア クレンズ オイル

クレンジングの場合、
私は スクラブや、
ホットクレンジングを使う事が多いです。

バームクレンジングやオイルクレンジング・ミルククレンジングの中でも、
汚れがきちんと落ちるのはあるから 好みですね。

クレンジングは メイクが良く落ちるだけじゃなくて、
油分を肌から剥がすから 界面活性剤も重要で、
肌にやさしいモノを選びたい。


そこで、
使っているクレンジング・洗顔は、
しっかりと肌の汚れを 落としているのかチェックをしてみると良いと思います。


クレンジングで メイクがちゃんと落とせているか 確認する方法としては、
クレンジング後、精製水をつけたコットンで 肌を拭き取ってみてください。

メイクが残っているか確認したいばかりに、
ゴシゴシ擦らず ソフトにです。

メイクが残っていると コットンにメイクがつくるから、
確認ができると思います。

精製水は薬局とかで安価で売っていても、
このためだけに購入するのはもったいないですよね。

おまけに、
精製水の使用期限は短くて 1ヶ月だから使いきれない。

こんな時は、
水道水は不純物が混ざっているからNGだけど、
整水器の水や市販のペットボトルの水でも良いと思います。

残った分は飲んでしまえばいいんですからね

ペネロピムーン マーシャ 泡
(参考: ペネロピムーン マーシャ

洗顔の場合は、
確認するのが難しいかも知れません。

私が これは良いと思って使っている洗顔は、
洗顔後の肌がスッキリして つっぱらない。

ぬるま湯で洗い流した後、肌にヌルつきが残らない。

こんなのを基準に考えています。

さらに、
目には見えないけど、
効果として汚れを吸着する成分が入っているとベスト。

私は クレイが入った洗顔が 毛穴の黒ずみには効果的だと思います。

肌に負担を掛けずに 汚れだけを吸着してくれるから、
肌全体をクリアにするのに良いですね。

ほかにも 
毛穴がキュッとなる感じの洗顔も使ってみたけど、
まずは 今までいろいろ使ってみて解消されなかったのなら、
クレイがオススメかな。


②毛穴の引き締め

毛穴の汚れを落としたら 後は毛穴をキュっと引き締めて、
フラットな肌にしたいですよね。

毛穴を引き締める成分としては、
ビタミンC誘導体フラーレン炭酸がおすすめ。

化粧水・美容液・乳液・パックなどに配合されているモノを
使ってみるのも良いと思います。

毛穴の引き締め以外にも、
美肌効果の高い成分で ターンオーバーの改善にも効果的だからいいです。


そのほかに、
収れん化粧水と言うのがあるから、
いつものスキンケアにプラスするのも良いかも。


毛穴を引き締める効果がある化粧水だから、
洗顔後 化粧水・美容液・乳液で肌に美容成分を与えてから、
最後に収れん化粧水を使います。

間違っても 化粧水だからと、
洗顔後すぐに使わないようにした方が良いですよ


私の分かる範囲ではあるけど、
よろしかったら 参考にしてください。





※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

 カテゴリ