毎日 暑くて 熱中症で救急搬送される方も、
例年よりものすごく多くて、亡くなっている方も・・・。

畑で作業をしていたお年寄りが熱中症で・・・なんて聞くと、
こんなに“熱中症、熱中症”って言っているのに、
なんでなんだろうと思っていたんですね。

そうしたら、その理由が昨日分かりました!

みなさん喉が渇くと お水などの水分を摂りますよね。

喉が渇くと言うのは、カラダが欲しているって事。

でも、
お年寄りって、この“喉が渇く” と言うのを、
感じにくくなっているんですって。

だから、気がつかないうちに脱水症状になってしまう。。。

お年寄りに限らず、
喉が渇いたとなる前に 水分補給はした方がいいですね。

そして、
このカラダの水分不足は、熱中症だけじゃなくて、
私達 中高年にも 大きな関わりがあるんです。

血液サラサラ商品


熱中症で倒れるまでにならなくても、
カラダの脱水状態はキケン!

血液中の水分も減って 血液がドロドロになりやすくなって、
血液がかたまり(血栓)を作り ドロドロどころか血管を詰まらせてしまうんです。

血管が寒さのためにキュっと収縮するのも キケンだけど、
血栓ができて 血管をふさぎ、
脳梗塞、さらには血管がもろいと詰まった部分が破れて脳出血になってしまう。

特に 脳梗塞が多いのは 6月~8月って言うのも、
こんな理由からなんですねぇ。

うちのオカンは 生まれつき心臓に穴が開いていて、
不整脈で血栓ができやい状態だったんだけど、
脳梗塞を起こしたのは やっぱり6月。

心臓でできた血栓が 一番血管の細い脳でつまって脳梗塞に。

病気を持っていたとは言え、
ずっとケアをしていても 起こる時には起こるのが病気。

オカンが脳梗塞を起こしたのは 54歳の時ですから、
私の今の歳と大差ないんですよねぇ。

水分不足を起こさないようにするのと同時に、
血液をサラサラにしておきたい!

血液をサラサラにする事で、成人病の予防にもつながるから、
この暑い時期だけじゃなくて 年間通して心掛けておいた方がいいですね。 

カラダの中で起こっている事は見えないから、
“転ばぬ先の杖”として、エイジングケアは大事なんだと思います。


血液サラサラに良いのは、
お酢・水素水・DHA・亜麻仁油・ミドリムシなどがあります。


よろしかったら参考にしてみてくださいネ

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ にほんブログ村 美容ブログへ