今年は戦後70年で、
現在 毎日のように 戦争の悲劇・痛ましさをテレビ番組で放送している。

目の前で 人が亡くなっていくのを見て、
どれだけ辛かった事か。

お国のためと 必死で戦った。

戦争を2度と起こしてはいけない。

日本人が味わった経験を 後世に伝えると言うのは とても大事な事だと思う。


しかし、
モノには 原因があって結果がある。

戦争と言う出来事だけを見ているような気がする。

後世に伝えるのであれば、
なぜ日本は戦争になってしまったのか・・・。

他国との関係を壊さないようにしたいから?!
触れてはいけないモノのように、伝えられる事はほとんどない。

空.jpg

かつて 日本人は 領土争いや人間関係のもつれから内乱が起こっていた。

日本人は 単一民族でなんの変りもないのに、
人の心は変わってきている。

文化・文明が進化して、内乱を起こす必要がなくなったのかも知れない。

人間関係でも同じ事が言えるけど、
傲慢な態度、欲をむき出しにする・・・こんな事からケンカになったりする。

これが、過去の出来事で言えば 内乱に発展し、
他国との間の事で言えば 戦争になっている。


では、
なぜ 日本はアメリカと戦争になったのか・・・。

日本も戦争で 中国に入り込み、満州まで進出している。

ここで終わりにすれば良かったが さらに進出したいと考えていたようだ。
アメリカは、そんな日本が徐々に怖い存在となっていった。

ほかにも ロシアとの関係、人種問題などが原因となって、
日本がこれ以上大きくなるのを抑圧するようになった。

当時の日本人は血の気が多かったのか、
アメリカに対して 自国の強さを知らせたかったのか、
弾圧を掛けたかったのか 定かではないが、
アメリカの最大の軍事基地であった ハワイ島の真珠湾を攻撃した。

この事は映画にもなっているので、知っている方も多いと思うが、
油断・・・と言うより攻めてくると思っていなかったために壊滅状態に。

この真珠湾攻撃、日本の東南アジアへの侵攻などを引き金に、
アメリカと戦争になってしまった。
(対 連合国)


  とても分かりやすく書かれているのはこちら↓↓
  ⇒第2次世界大戦っって何が原因で起こったんですか? yahoo知恵袋 



さて、

話は現在の日本の事に。

アメリカに敗戦した日本全体は植民地にならなかった。
唯一植民地となったのが沖縄県。

植民地にはならなかったとしても、
アメリカに2度と刃向わないような法を定めさせた。

アメリカにとって 日本の位置は欲しかったはずだが、
和解に応じた日本は 結果的にアメリカと同盟を組む事になった。

その結末として作られたのが、
横田や沖縄の米軍基地。 

戦後70年も経っているのに、これだけは変わっていない。

自分の住んでいる場所に 米軍基地があるのは・・・となるけど、
実際に 米軍基地があるには 大きな理由がある。

表面的には 仲良くやっているようだけど、
北方領土・尖閣諸島などの問題があり、日本を面白くないと思っている国がある。

日本は戦争をしないと言っているけど、
相手国が戦争を仕掛けてきたら ひとたまりもない。

これを抑制してくれているのが 米軍で、
隣にあったらイヤだけど、なくてはならない存在って事に。


そして 現在大きな問題となっているのが、集団的自衛権の事。

日本人は 他国に比べてデモは少ない・・・いや、ほとんどないのに、
今回ばかりは 若者までも立ち上がって、集団的自衛権の問題に訴えている。

集団的自衛権と言うのは、
日本は戦争はしないけど、同盟国で戦争が起こった場合加勢すると言う事。

同盟国であるアメリカは 戦争をする国で、
何かあったら 日本は加勢しなくてはならない。

こんな事、許せる訳がない。


しかし、
なぜ 今 こんな事を言い出したのか。

歴史的に見て、
一般に伝わっている情報と 政府が持っている情報は違う事は多い。

何か水面下で 起きているのか。

その方が心配だ。

日本は戦争をしない・・・。
自分はもう痛い思いはしたくないけど 何かあったら助けて欲しい。。。

これが 通らない何かがあるのかも知れない。

許しがたい事だけど、こんな風に考えてしまう。




何だか まとまりのない言葉になっちゃったけど、
感じる事を綴ってみました。

写真のような青い空を いつまでも見ていられる日本でありたい。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました 

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡
にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ にほんブログ村 美容ブログへ
 カテゴリ
 タグ
None