使った人の 97%が満足して、
美容液成分 89%以上の贅沢なクレンジングミルクが
カバーマークトリートメントクレンジングミルク

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク

カバーマークと言えば ファンデーションの老舗で、
初代のファンデーションを発売したのは 1963年ですって!

私が生まれる前ですよ。

老舗には 老舗であるプライド・歴史・商品に対する心意気があると思っていて、
顧客からの信頼も厚いはず。(と私は思ってます

美容に詳しいタレントのIKKOさんざわちんも愛用のクレンジングミルクで、
知名度だけじゃなくて、実力派のクレンジングです。

使ってみても、
信頼を裏切らないクレンジングでしたよぉ~

配合成分はこちら↓↓
カバーマークのトリートメントクレンジングミルク 成分

カバーマーク独自のアクアクレンジングゲル構造になっていて、
ミルクタイプなのに 軽くなじませるだけで、
カバー力のあるしっかりメイクも浮いてくるんです。

9種のエッセンシャルオイルは配合しているけど、
気分もリラックスさせるような香り成分としてなので、
まつエクをつけている人でも使えるクレンジングです。

カバーマーク トリートメントクレンジングミルクの構造

さらに、
ウォータープルーフのメイクでも キレイに落とせちゃうって言うのがスゴイ!

“アクアクレンジングゲル構造って何??” と思ってホームページを見たんだけど、
詳しく書かれていなかったですね。

と言う事は・・・企業秘密なんでしょうか


メイクは何で落としているか・・・

トリートメントクレンジングミルクは、
イソステアリン酸ソルビタンを配合していて、メイクを乳化させて落とします。

ステアリン酸と言うのは、
ヤシ油・綿実油・大豆油などから取れる高級な脂肪酸で、
非イオン系海面活性剤の一つです。

無添加化粧品、自然化粧品に多く使われている成分で、
肌に優しくて 安心なクレンジングです。

さらに、
肌をいたわるために、ヒアルロン酸の約2倍の保湿力をもつMCキトサンを配合。

クレンジング後の肌に しっとり感が出るようになっています。


使い方・・・

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク2

オイルを使ってのクレンジングじゃないから、濡れた手でも使えるんですね。

メイクって、バスタイムに落とすって人も多いと思うから、これは かなりポイントが高い!!

1回分は 4~5プッシュで、マスカット大くらいがいいみたい。

少な過ぎると メイクの落ちが悪くなってしまうから、適量は守った方がいいですね。


クレンジングの使用感は・・・

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク クレンジング前

ミルクタイプで メイクをなじませる乳化剤も優しい成分なのに、
メイクが簡単に すごく良く落ちます!!

今までは ジェルタイプばかり使っていて、
ミルクタイプって言うのは トライアルで使うくらいだったんですね。

さすが カバーマーク!! 

カバー力のあるファンデーションが売りのカバーマークだからこそ、
こんなにメイクが簡単に落とせる クレンジングを作ったんだと思いました。

クレンジングのあとの肌は、ヌルつきもなくて、
しっとりした感じになります。

使い心地は満点

あまりにもすっきりとメイクを落としてくれるので、このままでも良さそうだけど、
クレンジングとしてのみなので、クレンジング後は洗顔を忘れずに!

カバーマーク トリートメントクレンジングミルク1

トリートメントクレンジングミルクは、
2ヶ月はたっぷり使える大きなボトルで、200ml入り 3,240円(税込)
(送料 540円)

2本購入すると 送料無料になります。

同封されているパンフレットには、
クレンジングをして 毛穴がキレイになった・肌のゴワつきがなくなったとか
いっさい書いてないんです。

よく考えてみたら、当たり前って言ったら 当たり前で、
クレンジングの役目は メイク汚れをキレイに落とす事。

メイクがキレイに落ちれば 毛穴もキレイになっているし、
優しい成分でメイクを落とせば 肌がゴワつく事なんかないんですよね。

主張しないところが 何だかよけいに気に入りました

肌は 正直だから、
トリートメントクレンジングミルクを使って 毛穴の黒ずみもないし、
肌トラブルを起こす事もないです。

肌(毛穴)に汚れがついたままだと、
あとから使う化粧水・美容液の浸透が悪くなってしまいます。

クレンジングで 肌の汚れを落とす事・・・美肌作りの第一歩です!

カバーマークには ロングセラーのファンデーションがあるけど、
このクレンジングも 長くみんなに愛されるんだろうな~と思いました


楽天最安値はこちら↓↓


※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡

 カテゴリ
 タグ