テレビなどのメディアからの情報や 先入観で物をみる・・・。

酵素がカラダにいいと言えば、
こぞって企業は酵素入りの商品を販売したり、
スムージーが流行っていると言えば いろんなタイプのスムージーを販売する。

当然良い企業もあれば、便乗商売をする企業もあります。

“流行り” に弱いと言う消費者の痛いところを突いた商売ですよね。

そんな中で 気になるのが、ノンシリコンシャンプー

以前、ノンシリコンシャンプーがすべていいシャンプーという訳ではない!
と言う記事を書いたけど、
改めて もう少し掘り下げてみたいと思います。

シャンプーする女性

シャンプー・トリートメントなどが ノンシリコンと言うと、
髪に良いと思っていませんか?

これは、ヘアケアのプロである美容師さんでも
賛否両論あるくらいなんですね。

先日、お嬢がヘアモデルをした美容師さんは、
ノンシリコンは良くないと言っていたと、お嬢から聞いたくらいですから。。。

なぜ、こんなに良い・悪いと 意見が別れてしまうかと言うと、
ノンシリコンである事で、メリット・デメリットがあるからなんです。

スキンケアにシリコン(ポリマー系)が配合されていると、
毛穴をふさぎ気味になってしまう。。。

※現在販売されているスキンケアなどは 許容範囲内なんだけど、
  使う人によっては 影響があります。
  (この内容も いろいろあるけど、スル~します。)


でも、
ヘアケアの場合は、頭皮と髪の両方を考えなければなりませんよね。


シリコンと頭皮の関係

シリコン入りのシャンプーを使って、
すすぎ残しがあると 毛穴をふさいでしまいます。

キレイな髪が生えてくるかどうかは 頭皮によって違ってくるので、
頭皮環境はとても大事なんですね。

より良い環境にするために ノンシリコンの方が良いと言う訳です。
(メリット)

但し、
キチンとシャンプーができていればと言う条件付きですけどね。

せっかく ノンシリコンシャンプーを使っても、
頭皮をキレイに洗っていなければ、毛穴に汚れがつまった状態になってしまうから、
頭皮の状態は良くなりません。

ノンシリコンシャンプーでも シリコン入りのシャンプーでも
頭皮に与える影響は同じです。

ノンシリコンシャンプーが販売されるまで、
普通にシリコン入りのシャンプーを使っていましたよね。

シリコン入りを使っていたからと言って、
極端に薄毛の人が多かったと言う事もないと思います。

技術の進歩・経済の向上によって、選択範囲が広くなり、
自然派志向の人が増えて 合成的な物を排除したいと言うのも、
ノンシリコンシャンプーに人気がある理由だと思います。


シリコンと髪の関係

シリコンと言うだけで、
髪に悪いようなイメージを持っている方も多いと思いますが、
シリコンは 髪をコーティングして保護してくれます。

さらには、
摩擦のよるダメージを受けないようにしてくれます。

ノンシリコンシャンプーの方がいいと思って、
安易にノンシリコンシャンプーを使っていると、
髪はよけいにダメージを受けてしまうんですね。
(デメリット)

そこで、
頭皮環境を考えて シリコンを入れないシャンプーの場合、髪を保護する物が必要で、
ほとんどのノンシリコンシャンプーに使われているのがオイルです。

オイルは紫外線を浴びると、
酸化してしまうオイルと酸化しにくいオイルがあります。

髪は紫外線を浴びるので、
酸化しない(しにくい)オイルじゃないといけません。

例えば、
キトサンオイル・ホホバオイル・馬油・アルガンオイルなどは、
酸化しにくいオイルなので ノンシリコンシャンプーに使われている事が多いです。

ノンシリコンシャンプーは、
シリコン入りのシャンプーより 値段に幅がありますよね。

配合されているオイルの値段に幅があるので、
シャンプーの値段を 左右しているのかも知れません。
(洗浄成分も同じような事が言えます。) 
 
髪を保護すると言う意味では、
シリコンもオイルも同じなんですねぇ。

違う点で言えば、
シリコンは保護するだけになるけど、
オイルの場合は 保護するだけでなく、オイルによっては保湿効果のある物もあり、
髪の状態の改善にもつながると言う事です。


ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーのどっちがいい?

シャンプーの泡

大事なのは、使っている人の髪の状態。

髪は ドライヤーのかけ過ぎや紫外線で 乾燥状態になると、
髪の外側にあるキューティクルがめくれた状態になって、
パサつきを感じたり、切れ毛になったりします。

髪は死んだ細胞なので、自力で修復する事ができないから、
ダメージを受けてキューティクルが傷んだ髪を シリコンでコーティングしてしまうと、
髪は傷んだままになってしまいます。

また、
髪に必要な栄養とカラダに必要な栄養と言うのは
区分されている訳ではないので、
栄養が足りないと 生きるために必要な部分に栄養が使われて、
髪に栄養が行き届かなくなってしまうんです。

遺伝的な要素もあるにせよ、
白髪・抜け毛が多くなるのも これが原因です。

となると、
ダメージを受けた髪や加齢による影響を改善するために、
植物エキスなど 髪を補修する成分が必要となってくるんです。

シリコン+保湿成分入りのシャンプーと
ノンシリコン+オイル+保湿成分入りのシャンプーで比較すると、
髪を改善するために ノンシリコンシャンプーの方が
より良いものがあると言ったところだと思います。

髪が健康で 特にトラブルもないようであれば、
大きな違いはないですね。

もちろん これは 正しいシャンプーをしていればと言うのが前提です。


私がノンシリコンシャンプーを使っている理由

夜中にパーマをかける私


シリコン入りシャンプーでもノンシリコンシャンプーでも
どちらでも良いと言っているのに、
私はノンシリコンシャンプーを使っています。

理由としては、
頭皮環境を考えると、より安全・安心だから・・・。
そして、栄養不足と思われる抜け毛が増えてきたからです。

さらに、ノンシリコンシャンプーの方が 
頭皮・髪に優しい洗浄成分(界面活性剤)を使っているシャンプーが多いからですね。

とは言っても、ノンシリコンシャンプーとは名ばかりで、
強い洗浄成分を使っているシャンプーもあります。

洗浄成分が強過ぎるシャンプーを使っていると、
頭皮が乾燥して フケ・かゆみの原因にもなるので、
シリコンが入っている・いないかと同じように、確認する必要があります。


まとめ

ノンシリコンシャンプーには、良い頭皮環境を作りやすいと言うメリットがあるけど、
髪・頭皮にトラブルがない方は、
ノンシリコンでも シリコン入りでも 私は良いと思います。

ちなみに・・・
シリコンと言うと、
ビニールみたいに ピッチリとコーティングしてしまうイメージがあると思うけど、
分子の中には穴が開いているんですよ

だから 完全にフタをするようにはならないんです。

シリコン・シリコンと言う前に、
正しいシャンプーをする事の方が大事だと思います。

>>正しいシャンプーのやり方

さらに言うならば、
スキンケアの洗顔と同じで、髪も洗い過ぎるとダメージを与えてしまいます。

皮脂分泌が少ない・髪が汚れない環境ならば、
2・3日に1度くらいで、毎日シャンプーをする必要もないくらいです。

安易に “ノンシリコンシャンプー” と言う言葉で選ぶのではなく、
髪を保護する事ができるか、
洗浄成分(界面活性剤)が強過ぎないかを確認して、
自分に合ったシャンプーを選ぶようにした方が良いですね。



私が使った中でオススメのシャンプーのレビューはこちらです
>>抜け毛・白髪が気になるからリピしてます!コンディショナー不要で、泡立ちの良いスカルプケアシャンプー『haru 黒髪スカルプ・プロ』

>>髪にもエイジングケアしましょ❤ uruotte(うるおって)シャンプーを使ってみました♪

>>髪をリペアできる『守り髪』でツヤのある髪に☆




ブログランキングに参加中です。
応援ポチをしていただけると嬉しいです(#^.^#)

  にほんブログ村 美容ブログ アンチエイジングへ
※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。

ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡