3/30に 日本テレビ系列の「有吉ゼミ 春満開2時間SP」で、
ちょっと前にオネエだとカミングアウトをしたGENKING(ゲンキング)が、
洗顔後に肌がつっぱるなら、
“洗顔料を泡立てネットで泡立てる時に、ベビーオイルを1滴たらすといい。“
って言っていたんですよねぇ。

GENKINGは、
デザイナー&スタイリスト&ヘアメイクをやっていて、
バッグとかへのイラストペイントとか、ドレッドヘアーなんかできて、
すごく多彩なオネエ。

ゲンキング
(キレイでしょ~、でも 男性ですから。。。)

そもそも 洗顔後につっぱるような洗顔と言うのが問題で、
よけいな皮脂だけじゃなくて 必要な皮脂も取ってしまう洗顔だから
つっぱってしまうんです。

最近の洗顔石けんには、
洗顔機能のほかに 保湿成分が入っています。

洗い流すから 保湿成分はいらないって言う意見もあるようだけどね。

洗顔料の保湿成分については、
洗顔はスキンケアの基本! 保湿成分は必要?! に書いているので、
良かったら読んでみて下さいね 

簡単に言うと、
洗顔の時に肌は無防備な状態になってしまうから、
“少しでも 肌に負担が掛からないようにしたい”
と言う事で 配合されています。

うちでお嬢が使っているVCOマイルドソープには、
ヴァージンココナッツオイルが配合されていて、
洗顔後もつっぱらずに、しっかりと肌の汚れ・毛穴の汚れを落としてくれています。


フェイスタオル


では ここからが本題です。

ベビーオイルって、
赤ちゃんが使っているから肌に優しい・・・。

うーーーーーん、確かに赤ちゃん用だから
そう思ってしまうけど、
実際には ちょっと違うんです。(すべてじゃないですが・・・)

例えば・・・
ベビーオイルと言うと ジョン○○エンドジョン○○が有名ですよね。

このベビーオイルの配合成分は、
ミネラルオイルと酢酸トコフェロール。

酢酸トコフェロールと言うのは ビタミンE(合成ですけど)の事だから、
酸化防止の意味で配合しているんだと思います。

問題なのはミネラルオイル。

“ミネラル” なんて言うと肌に良さそうだけど、
石油が原料の鉱物油。

敏感肌の方は、
もしかしたら 赤くなってしまうかも知れない成分なんです。

赤ちゃんは肌のバリア機能がしっかりしていないから、
赤ちゃんによっては 肌がカサカサしてしまうからオイルでカバーしたい。

マッサージとして使いたい。。。

と言う事で、ベビーオイルがあるんだけど、
ベビーオイルもいろいろあるって言う事も 知っていた方がいいかも。


ゲンキング ペイント
(記事の内容にはまったく関係ないけど、GENKINGがペイントしたバッグ・・・
スゴイよねぇ)

 
GENKINGの言っている事が 間違っている訳じゃないけど、
テレビでのオンエアーだけだと、
何でもベビーオイルなら大丈夫って感じだったので、
ちょっと調べてみました。

もし、購入した洗顔料が つっぱってしまうようなら、
これも1つの手だと思うけど、
使うのであれば、ヴァージンココナッツオイルやヴァージンオリーブオイルなどの
純度が高くて 保湿効果のあるオイルが良いと思います。



オリーブオイルと言ったら、ここしかない!!
たった1滴で一日中うるおい続く、天然100%美容液


小笠原の最高のオリーブオイル 全額返金保証付き


国産オーガニックのベビーオイル
ネオナチュラル ベビーオイル


※ネオナチュラルは 浜崎あゆみさんが使用していて、著書でも紹介していて、
  本物のオーガニック用品をいろいろ扱っています。



>>おすすめ洗顔料のレビューはこちら


GENKINGのほかの記事はこちら↓↓
GENKINGもハマっている水素パック&私が気になっている水素風呂☆

※記事は掲載時の内容になります。
キャンペーンなどは最新情報、または記事内の詳細サイトでご確認ください。



ブログランキングに参加中です。応援クリックをしていただけると嬉しいです♡

 カテゴリ
 タグ
None