カテゴリ:美容・健康の成分

美容・健康の成分のカテゴリ記事一覧。スキンケアで美肌作り&インナーケアで若返り♡気になりだしたらアンチエイジング

2016-06-15 美容・健康の成分
最近、健康関連の番組が多いですよね。人生の折り返し地点をすでに超えているからそこそこ元気でいられるように 健康に良い事はしたいと思ってますd(*^v^*)b 6/14 テレビ朝日「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は、悪玉コレステロールを減らして 動脈硬化を予防するお話でした。動脈硬化予防に効果的な食材は 大麦です!女性は 加齢によって女性ホルモンが減少して、50代にもなると 悪玉コレステ...

記事を読む

2015-06-19 美容・健康の成分
酵素ブーム・・・酵素でダイエットができると言うところから酵素を知り、酵素を調べているのに 目を向けているのは “ダイエット⇒代謝アップ” でした。痩せたいですから・・・。でも、酵素を知れば知るほど、酵素がカラダに取ってどのくらい大切かを知り、酵素を見る目が変わってきたんですねぇ。...

記事を読む

2015-02-16 美容・健康の成分
歯は小学生の頃に永久歯になり、毎日食事の時にお世話になっています。 年齢を重ねた私達アラフォー・アラサーは、より長く自分の歯でいられるように 早くから口腔ケアをしておく方がいい。歯医者さんに行くと、壁にポスターが貼ってあるのを見かけるんだけど、“8020運動” ってご存知ですか?80歳になった時に、自分の歯が20本あるように、日頃からケアをしましょうって事なんです。 歯が丈夫で自分の歯でいる事で、咀嚼(かむ力...

 タグ

記事を読む

2015-02-13 美容・健康の成分
“お酢ってカラダにいいよねぇ~” と言うのは聞いているけど、どんな効果があるのか 確認してみました。1. お酢の中のクエン酸の働きお酢の成分のクエン酸には、血液をサラサラにする働きがあります。血液がサラサラになると言う事は、中高年になると気になる 高血圧抑制・動脈硬化の予防になります。さらに、関節の周りにあるのが筋肉なので、筋肉の緊張(コリ)を減らしてくれるから、関節の可動範囲が広くなるんですねぇ。私...

記事を読む

2014-09-21 美容・健康の成分
健康を維持するのに、ビタミンは不可欠。一応主婦の私は、家族の健康の事も考えて、野菜中心の食事にしたり、豆類をたくさん摂るようにしたりと、気にはしているけど、それでもまんべんなく摂取するのは難しい。。。ビタミンには、水溶性・脂溶性と2種類あって、水溶性の方は多く摂取してもカラダから出ていってしまうから 溜め込む事ができなくて 毎日摂取するようにした方がいいんです。逆に 脂溶性の方は、脂肪に溶けること...

記事を読む

No Image

2014-08-30 美容・健康の成分
酵素には 消化酵素・代謝酵素・食物酵素があります。代謝酵素は、運動、呼吸、脳での思考、老廃物の排出、ウィルスを攻撃、肌の新陳代謝など、人間の生命活動に必要な大切な働きを持っています。代謝酵素が不足すると、血液中のコレステロールを分解できず、血液がドロドロになってしまったり、肌の新陳代謝が悪くなって、肌荒れ・くすみ・シミ・シワを起こす事に。ほかにも、やる気が出ない・ウィルス感染しやすいなど、カラダの...

記事を読む

No Image

2014-08-28 美容・健康の成分
私の一番の悩みはシミ。このブログを始めるまでは スキンケアに無頓着で、野放しだった肌を ケアするようになって かなり良くはなってきたものの、まだまだシミは肌に居座っています。“色白は七難隠す”って言いますよねぇ。顔のパーツは変えられないけど、(整形以外)シミ・くすみのない透明感のある肌だと、顔がスッキリ見えて、若々しく見える。保湿ケア同様、シミケアは私にとって欠かせないので、いろいろ調べていこうと思...

記事を読む

No Image

2014-02-16 美容・健康の成分
ポリフェノールと一口で言っても、ポリフェノールの種類は4000を超えると言われています。さらに、そのポリフェノールの種類によって、抗酸化作用・抗がん作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用・血行促進糖尿病予防・血管拡張・更年期障害の緩和など効果も様々です。健康・美容に関係のあるポリフェノールについて調べてみました。...

 タグ

記事を読む

No Image

2014-02-14 美容・健康の成分
プラセンタは健康・美容に良いので、私もスキンケア・サプリメント・ドリンクタイプなど、あれこれ利用しています。そこで、プラセンについてしっかり認識しておきたいので まとめてみました。プラセンタとはプラセンタとは、 胎盤から抽出されるグロスファクターや、その他の栄養素の事を言います。赤ちゃんが お腹の中で母親から栄養と酸素をもらっているのが胎盤ですよね。この「成長因子」は、細胞分裂因子・グロースファク...

 タグ

記事を読む

No Image

2013-11-10 美容・健康の成分
ビタミンは本来、野菜・果物などの食物で摂取しているのですが、まんべんなく毎日摂取するのはとっても大変。おまけに、どの食物にどんなビタミンが入っているかしっかり知っている人は栄養士さんくらいでは・・・。ビタミンがカラダの中でどんな働きをしているのか調べてみました。外側からのスキンケアも大事ですが、内面からのエイジングケアも若々しくいるためには必要なので、両面から見たビタミンの働きを確認してみましょう...

 タグ
None

記事を読む

No Image

2013-10-30 美容・健康の成分
10月もあと少し。本当に寒くなってきましたよねぇ。このブログを見ていただいている方は日本の北から南までいらっしゃるでしょう。(たぶん)日本は小さい島国なのに北の方の方は『もうとっくに寒いし…。』南の方の方は『寒くならないし…。』と思われるでしょうが、冬に備えて今日はちょっと生姜のお話をしたいと思ってます!(^^)!生姜の成分は主にビタミンB1、B2、ビタミンC鉄分、カロチン、カリウム、カルシウム他には辛味成分...

記事を読む

No Image

2013-10-15 美容・健康の成分
酵素とは食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わっています。酵素が不足すると、消化不良、やる気が起きない、肌の調子が悪いなどカラダにいろいろな変化が起こってしまうんです。通常の食事で栄養を取っていても カラダの中に酵素がないと、この栄養をエネルギーに変える事ができない。。。酵素はカラダにとってとても重要な働きをしていて、なくてはなららいものですねぇ。カラダに関係する酵素は...

 タグ
None

記事を読む

『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』で紹介された動脈硬化を予防する食材とは?!

最近、健康関連の番組が多いですよね。

人生の折り返し地点をすでに超えているから
そこそこ元気でいられるように 健康に良い事はしたいと思ってますd(*^v^*)b


6/14 テレビ朝日「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は、
悪玉コレステロールを減らして 動脈硬化を予防するお話でした。


動脈硬化予防に効果的な食材は 大麦です!


動脈硬化予防食材 大麦 2

女性は 加齢によって女性ホルモンが減少して、
50代にもなると 悪玉コレステロールが多くなってくる人が多いんですよ。

悪玉コレステロールが増えると 血管の内側に溜まってきて、
血管が細くなって 血液の通り道が狭くなるし 血液がドロドロになってします( ̄_ ̄|||)

私の母親は生まれつき心臓に穴が開いていて ずっと不整脈で、
そのためにできた血栓が脳で詰って 脳梗塞になってしまったんです。

理由は違うにしろ、
脳梗塞の怖さ・ツラさもよく分かっているので、
動脈硬化は特に気になってます。



» 記事の続きを読む

健康・美容に酵素は必要不可欠!

酵素ブーム・・・
酵素でダイエットができると言うところから酵素を知り、
酵素を調べているのに 目を向けているのは “ダイエット⇒代謝アップ” でした。

痩せたいですから・・・。

ダイエットをする女性

でも、
酵素を知れば知るほど、酵素がカラダに取ってどのくらい大切かを知り、
酵素を見る目が変わってきたんですねぇ。


» 記事の続きを読む

“8020運動” 口腔ケアもエイジングケアの1つ!

歯は小学生の頃に永久歯になり、
毎日食事の時にお世話になっています。

年齢を重ねた私達アラフォー・アラサーは、
より長く自分の歯でいられるように 早くから口腔ケアをしておく方がいい。

歯医者さんに行くと、壁にポスターが貼ってあるのを見かけるんだけど、
“8020運動” ってご存知ですか?

8020運動 ポスター


80歳になった時に、自分の歯が20本あるように、
日頃からケアをしましょうって事なんです。

歯が丈夫で自分の歯でいる事で、
咀嚼(かむ力)・美味しい食事をする事ができて、
内臓にまで関わってくるから 健康に大いに関係があるんです。



今は若い人でも、歯肉炎になっている人が多いです。


» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

“お酢ってカラダにいいよねぇ~” を確認してみた!

“お酢ってカラダにいいよねぇ~” と言うのは聞いているけど、
どんな効果があるのか 確認してみました。


1. お酢の中のクエン酸の働き

お酢の成分のクエン酸には、血液をサラサラにする働きがあります。

血液がサラサラになると言う事は、
中高年になると気になる 高血圧抑制・動脈硬化の予防になります。

さらに、
関節の周りにあるのが筋肉なので、
筋肉の緊張(コリ)を減らしてくれるから、関節の可動範囲が広くなるんですねぇ。

私は肩こり・五十肩で、関節の可動範囲がかなり狭くなっているから、
特にお酢を飲む事で 効果が期待できそう。

野球
(ちなみに息子ではありません。。。友達の息子です。)

そう言えば、
野球選手がテレビ中継で ベンチで飲んでいるドリンクで、黄色いドリンクがあるけど、
あれはたぶんクエン酸入りのドリンクです。(うちの野球小僧も飲んでいたので。)

筋肉の緊張をほぐすと言う事と、
乳酸が溜まらないようにしてくれるから、疲労回復にもなっているんですね。

» 記事の続きを読む

ビタミンの働きを知って健康なカラダ作りを!

健康を維持するのに、ビタミンは不可欠。

一応主婦の私は、家族の健康の事も考えて、野菜中心の食事にしたり、豆類をたくさん摂るようにしたりと、気にはしているけど、それでもまんべんなく摂取するのは難しい。。。

ビタミンには、水溶性・脂溶性と2種類あって、水溶性の方は多く摂取してもカラダから出ていってしまうから 溜め込む事ができなくて 毎日摂取するようにした方がいいんです。

逆に 脂溶性の方は、脂肪に溶けることのできるビタミンなんだけど、摂り過ぎるとカラダの中に残ってしまうから、カラダに異常が出たりするから 良い物とは言っても過度の摂取は禁物。

パプリカ

» 記事の続きを読む

酵素の効果・カラダでの働きを知って、美肌・健康を手に入れよう!

酵素には 消化酵素代謝酵素食物酵素があります。

代謝酵素は、運動、呼吸、脳での思考、老廃物の排出、ウィルスを攻撃、
肌の新陳代謝など、人間の生命活動に必要な大切な働きを持っています。

代謝酵素が不足すると、
血液中のコレステロールを分解できず、血液がドロドロになってしまったり、
肌の新陳代謝が悪くなって、肌荒れ・くすみ・シミ・シワを起こす事に。
ほかにも、やる気が出ない・ウィルス感染しやすいなど、
カラダのあちこちで 不調が現れるようになってしまいます。

消化酵素は、食べた物をカラダが吸収しやすいようにしてくれます。

例えば、ご飯・パンなどに含まれるデンプンを分解するのはアミラーゼ、
肉・魚などのたんぱく質の分解はプロテアーゼ、
脂肪の分解には リパーゼという3つの酵素が働いています。

酵素によって分解された栄養は小腸で吸収され、
カラダのためのエネルギーとなるのです。

消化酵素を使いすぎると消化酵素が減っていくのではなく、
代わりに代謝酵素が不足してしまうのです。

食べ過ぎたり、消化の悪い食物ばかり食べていると、
消化酵素が大量に消費されて代謝酵素が減り、
肌の調子や胃腸の調子が悪くなったりします。


代謝酵素・消化酵素は 元々カラダの中にあり、
食物酵素はその名の通り 食物に含まれている酵素で、
それぞれが相互に関係を持ちながら カラダを維持しています。

酵素ダイエット・スムージーなどが流行っていて、
酵素はカラダにいいと言うのを耳にするけど、
“食物酵素はどうしていいの??”って事ですよねぇ。

そこで、食物酵素を摂る事で、カラダでどのように働くかまとめてみました。



» 記事の続きを読む

今からでも遅くない!! シミケア成分の『ハイドロキノン』

私の一番の悩みはシミ。

このブログを始めるまでは スキンケアに無頓着で、
野放しだった肌を ケアするようになって かなり良くはなってきたものの、
まだまだシミは肌に居座っています。

“色白は七難隠す”って言いますよねぇ。

顔のパーツは変えられないけど、(整形以外)
シミ・くすみのない透明感のある肌だと、顔がスッキリ見えて、若々しく見える。

保湿ケア同様、シミケアは私にとって欠かせないので、
いろいろ調べていこうと思っています。


» 記事の続きを読む

ポリフェノールのお勉強

ポリフェノールと一口で言っても、
ポリフェノールの種類は4000を超えると言われています。

さらに、そのポリフェノールの種類によって、
抗酸化作用・抗がん作用・抗アレルギー作用・抗炎症作用・血行促進
糖尿病予防・血管拡張・更年期障害の緩和など効果も様々です。

健康・美容に関係のあるポリフェノールについて調べてみました。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

プラセンタのお勉強

プラセンタは健康・美容に良いので、私もスキンケア・サプリメント・ドリンクタイプなど、あれこれ利用しています。

そこで、プラセンについてしっかり認識しておきたいので まとめてみました。

プラセンタとは

プラセンタとは、
胎盤から抽出されるグロスファクターや、
その他の栄養素の事を言います。

赤ちゃんが お腹の中で母親から栄養と酸素をもらっているのが胎盤ですよね。

この「成長因子」は、
細胞分裂因子・グロースファクターとも呼ばれいて、
優れた力を持っているので、健康・美容に使われるようになったんですよ(^^ゞ


» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ

ビタミンのお話

ビタミンは本来、野菜・果物などの食物で摂取しているのですが、
まんべんなく毎日摂取するのはとっても大変。

おまけに、どの食物にどんなビタミンが入っているか
しっかり知っている人は栄養士さんくらいでは・・・。

ビタミンがカラダの中でどんな働きをしているのか調べてみました。

外側からのスキンケアも大事ですが、
内面からのエイジングケアも若々しくいるためには必要なので、
両面から見たビタミンの働きを確認してみましょう。

よろしければ参考にして下さい。

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

カラダを内側から温め、ダイエット効果もある生姜のお話

10月もあと少し。

本当に寒くなってきましたよねぇ。


このブログを見ていただいている方は日本の北から南までいらっしゃるでしょう。(たぶん

日本は小さい島国なのに北の方の方は『もうとっくに寒いし…。』
南の方の方は『寒くならないし…。』と思われるでしょうが、
冬に備えて今日はちょっと生姜のお話をしたいと思ってます!(^^)!

生姜の成分は主にビタミンB1、B2、ビタミンC鉄分、カロチン、カリウム、カルシウム

他には辛味成分、精油成分であるジンゲロールが含まれていて、
このジンゲロールの効果が大事なんですねぇ。

ジンゲロールを乾燥や加熱すると、ショウガオール・ジンゲロンを発生します。

よくサプリや生姜ドリンクの内容成分に書いてあるのがこの成分ですよね。


ジンゲロールには、低体温状態を改善する効果・免疫力の強化・抗酸化作用・健胃・整腸効果・吐き気や頭痛の緩和などがあり、加工して発生したショウガオールには、殺菌作用・中枢神経系の興奮を鎮める・抗酸化作用など、ジンゲロンには、血行促進・代謝の促進・発汗作用などがあります。

ここで注目したいのが、低体温状態を改善する効果・免疫力の強化・血行促進・代謝の促進。

これから冬になるとインフルエンザや風邪に掛かってしまったり、冬は元来脂肪を溜め込みやすい時期になるので太りやすく、こたつでぬくぬくしていたいって人も多く動く量も減ってしまうので消費エネルギーも減ってしまいがち。

健康のために・・・さらにはダイエットのためにも生姜はこれからの時期にいいお仕事をしてくれそうですよ(#^.^#)

食事でたくさん取れればいいのですが、生姜を使った料理を毎日作るのはレパートリーの少ない私には難しいので、現在サプリ等での摂取を考えてます(*^^)v

体温が上がると代謝も良くなるのですが、ダイエットは二の次としても寒さ対策にいいかなぁと思ってね☆

酵素とは

酵素とは食べ物の消化、皮膚の新陳代謝、血液の循環など
体のあらゆる働きに関わっています。

酵素が不足すると、消化不良、やる気が起きない、肌の調子が悪いなど
カラダにいろいろな変化が起こってしまうんです。


通常の食事で栄養を取っていても カラダの中に酵素がないと、
この栄養をエネルギーに変える事ができない。。。

酵素はカラダにとってとても重要な働きをしていて、
なくてはなららいものですねぇ。


カラダに関係する酵素は3種類で、「消化酵素」、「代謝酵素」、「食物酵素」。


» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © Sammyのエイジレス日記 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます